会社概要・沿革

会社概要

沿革

京染めを中心に1888年(明治21年)植田屋創業。
1951年(昭和26年)京染めより、各種化学繊維の染色加工へ業種変換。
現在では繊維に限定しない幅広い分野における素材・原材料への着色を業務とする。

会社名
有限会社植田屋染工場
創業
1888年(明治21年)
設立
1951年(昭和26年)
資本金
2,000万円
事業所
本社/〒441-8102 愛知県豊橋市山田一番町120
事業所へのアクセスはこちら
電話
0532-45-4198
FAX
0532-45-4199
1888年 (明治21年)
植田屋創業
1951年 (昭和26年)
業務内容の変更、組織の法人化
1969年 (昭和44年)
資本金を1,000万円に増資
1982年 (昭和57年)
ドラム染色機導入、製品染め開始
1988年 (昭和63年)
白井収代表取締役就任
1988年 (昭和63年)
資本金を2,000万円に増資
1989年 (平成元年)
ウール原料の染色を開始
1990年 (平成2年)
紙原料の染色を開始
2004年 (平成16年)
尾藤正昭代表取締役就任
2009年 (平成21年)
白井収代表取締役就任
2009年 (平成21年)
機能材料事業の開始
2012年 (平成24年)
演飾事業の開始